レビュー:Lotoo Paw 6000:完璧な完成品

(最終更新日:2020年5月5日)

最新のフラッグシップであるLotoo Paw Gold Touch(LPGT)の成功により、Lotooはより厳しい予算が限られている人々からの要求を聞きました。 新しいPaw 6000がそのソリューションです。

PaulineとLotooのチームに感謝いたします。Covid-19の大流行に直面しているにもかかわらず、中国の北京からLotoo Paw 6000を送ってくれました。私の実直なレビューと意見と引き換えに無料で提供されました。

前書き

オーディオファンコミュニティに長い間携わっている人にとって、Loooというブランドが知らないわけがありません。 Lotooは1999年に設立され、北京のオーディオ機器メーカーです。 Lotooは当初、プロのボイスレコーダーに専念しました。 Lotooはレコード業界で数年後、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)市場に参入しました。

紛れもない事実は、Lotooがアジアでトップレベルのプロフェッショナルオーディオ技術の研究開発チームを擁していることです。業界での長年の経験により、オーディオ品質に対しては失望されたことがありません。

Paw Gold Touchは2019年の初めに発売されました。私は最初にCanJam Singapore 2019でこのDAPを試聴しました。レンガのような他のフラッグシップモデルと比較したら、その音質と携帯性には驚きました。 SONY NW-WM1Zまたは Astell&Kern SP2000など。

CanJamから間もなく、LootoはPaw 6000のプレビューを公開しました。Paw6000の試聴を期待しており、シンガポールのProject Perfection Pte Ltdによるローンチイベントにも参加しました。 ローンチイベントでのPaw 6000の最初のオーディションの後、好きになりました。

このレビューでは、私はこのPaw 6000に心を奪われた理由を紹介させていただきます。

優れた構造とスムーズなナビゲーションファームウェアを備えています。 そしてポケットに優しいデザイン、オーディオ愛好家がDAPを選ぶとき、いくつかの外部要因があると思います。 さらに、その自然でバランスの取れたサウンドシグネチャーは間違いなくセールスポイントであります。マーケットの他のDAPではなく、PAW 6000に心を奪われてしまいました。

長所:                      

»リファレンスサウンドシグネチャー

»最高の製造品質

»高品質のレザーケースと充電ケーブル

»スムーズなインターフェース

»双方向Bluetooth

»LDAC対応

»長持ちするバッテリー寿命

»強力な出力パワー

»USB DAC機能

»オンザエア(OTA)ファームウェアの更新

短所:

»ストリーミングサービスなし

アンボクシング

Paw 6000の開封体験は楽しいです。 USD $ 1200の価格帯の他のモデルと比較して、Paw 6000のパッケージは比較的シンプルです。 SONY NW-WM1Aのパッケージングに似ています。ブランド名とモデル名が紙スリーブに印刷された頑丈なブラックボックスが付属しています。アクセサリはDAPの下に配置されます。 これはボックスにあるアイテムのリストです。

外側の紙スリーブ
外側の紙スリーブの側面図
  • Paw 6000

  • 革のケース

  • 2つの強化9+ガラススクリーンプロテクター

  • マイクロファイバークリーニングクロス

  • 多言語マニュアル

  • 保証書(中国語)

  • USB Type-C充電およびデータ転送ケーブル

Lotoo Paw 6000が初登場。
パッケージに含まれる付属品

レザーケースのデザインはとても良いです。手袋のようにDAPにフィットします。

こんなだけでなく、思いやりのあるケースデザインも良いです。ケースの充電器の開口部が大きく開いているため、ユーザーはケースを取り外さずにSDカードを取り出したり挿入したりできます。

これが必要な設計です。4つのDAPを持っているが2つのSDカードしか持っていないので、SDカードを頻繁に抜き差しする必要があります。

Lotoo Paw 6000ケース付き

インテグレーション

現在の主力製品であるPaw Gold Touchと比較すると、Paw 6000は小型で手頃なモデルになるように設計されています。 Paw 5000およびPaw 5000 mk IIのアップグレードとしても定義できます。 1つのAKM AK4493EQ DACチップを搭載したPaw 6000は、最大32ビット768 kHzのオーディオファイルとネイティブDSD256の再生を簡単にサポートできます。

以前の製品および現在の旗艦製品と同様に、Paw 6000は内部メモリを備えていません。最大2TBのマイクロSDカードをサポートできるマイクロSDスロットを備えています。私は256GBのSDカードを使用しており、Paw 6000はファイルの読み取りを簡単に処理できます。

Paw 6000は3.77インチのインプレーンスイッチング(IPS)タッチスクリーンを使用しています。これは、コントロールに機械式ボタンを使用している以前のバージョンからのメジャーアップグレードです。付属の画面保護シートは、開封後すぐに貼りました。

アナログ出力の場合、Paw 6000は3.5mmアンバランスおよび4.4mm Pentaconnバランス出力をサポートします。 Lotooの公式ウェブサイトに記載されている技術仕様によると、両方の出力は同じ量の電力を供給しています。バランス出力とアンバランス出力の唯一の違いは、ノイズフロアです。 Pentaconnバランス出力は、より優れたノイズフロアを提供します。

以前のモデルとフラグシップモデルと同様に、Paw 6000にもパラメトリックイコライザーがあります。ただし、さらに詳しく調査または研究すると、 Paw 6000にはハードウェアデジタル信号処理(DSP)チップが搭載されていないことがわかります。Paw Gold TouchのDSPの機能は、DSD512およびデュアルフェーズロックループ(PLL)クロックをサポートすることです。 Paw 6000は最大でDSD256しかサポートできないため、LotooがデザインからDSPを削除するのは通常のことです。

Lotoo Paw 5000 mk IIをしばらく使ってみましたが、Paw 6000にWiFi機能があることに驚きました。 WiFiはソフトウェアの更新専用です。ストリーミングサービス用には設計されていません。更新するためにDAPをラップトップに接続する必要がなくなったので、このデザインが気に入っています。 WiFiに接続されたDAPでそれを行うことができます。 これはとても便利で一度試してみました。 テストされ、証明されました!

WiFiを介してPaw 6000を更新する
WiFi経由でファームウェア更新パッケージをダウンロードする

Paw 6000にはいくつかのアイデンティティがあります。 DAP、USBデジタルアナログコンバーター(DAC)、Bluetooth DAC、Bluetoothトランスミッター等々として機能します。エンターテイメントに関するユーザーのほぼすべてのニーズを満たすことができます。 Paw 6000はUSB Type C 3.1接続を使用します。 USB Type Cを有効にすると、ファイル転送が高速になります。

双方向Bluetoothバージョン4.2は、Paw 6000のフードの下にあります。 LDAC高解像度コーデックをサポートしています。高音質を維持したい人にとって、LDACの実装は良いセールスポイントです。 LDACでデコードできるコーデックは24ビット/ 96 kHzで、アドバンストオーディオコーディング(AAC)や低複雑度サブバンドコーデック(SBC)などの他のコーデックをはるかに超えています。

私が気に入ったセールスポイントはもう一つがあります、それはバッテリー寿命です。 Paw 6000は5200 mAhバッテリーを搭載しています。 仕様書には、Paw 6000が連続再生で16時間持続できることが記載されています。 好奇心から、私はそれをテストしました、そしてそれは正しかったです! 実際、私の合計再生時間は16時間を少し超えています。

私はこれに完全に満足しています。最近使っているDAP iBasso DX220と比較すると、16時間は本当に贅沢です。DX220は連続再生で6時間しかできません。

技術仕様

  • DACチップ:AK4493EQ

  • サポートされる形式:DSD256 / PCM最大768KHz

  • オペアンプ:OPA1622(シングルエンドとバランスの両方)

  • ヘッドフォン出力:300mw /チャンネル@ 32オーム

  • バッテリー容量:5200 mAh

  • 再生可能時間:16時間

  • ストレージ:MicroSDカード(理論的には最大2TBをサポート)

  • Bluetoothバージョン:Bluetooth V4.2

  • 寸法:112x65x18mm

  • 重量:228g

構築と設計

Paw 6000デザインの豪華なカラーが好きです。金と黒の組み合わせは、オーディオ愛好家として誇りに思います。

Paw 5000 mk IIのユーザーとして、Paw 6000の改善に感銘を受けました。ビルド品質は非常に良好です。 シャーシは航空機用アルミ合金で作られたコンピューター数値制御(CNC)です。フロント左上隅には、合金に「Lotoo」のロゴが刻印されています。 3.77インチのスクリーンはシャーシと完全に統合され、ベゼルのないデザインを形成しています。

3.77インチ画面に刻まれた「Lotoo」ロゴ

Paw 6000の背面もガラスで覆われています。 ただし、背面パネルには画面プロテクターは含まれていません。付属のレザーケースで最初から使用していたので、私にとって心配していません。

レザーケースから保護されていない、裸のバックパネル。

オーディオ出力は、ボリュームコントロールノブと共にDAPの上にあります。 色はゴールドです。Paw6000のマットブラックシャーシと完全に一致します。最初オーディオ出力は少しタイトでしたが、一定期間使用した後、その幅は拡大しました。

ボリュームコントロールノブに移動すると、ノブの下に「呼吸灯」が埋め込まれています。 DAPの設定でオンにできます。 これはクールな機能だと思います。特に、ライトをオフにして夜に聴いている場合はそうです。呼吸灯を通して簡単にDAPを見つけることができます。ボリュームコントロールノブはしっかりと構築されており、調整するステップごとに触覚応答を提供します。

ボリュームコントロールノブの下の呼吸灯
Paw 6000の平面図

物理的なコントロールボタンは、DAPの右側にあります。 一番上のボタンは、画面を起動してデバイスの電源をオン/オフにするための電源ボタンです。電源ボタンがオーディオコントロール用の通常のボタンになったら、再生/一時停止ボタンと次/前のトラックボタンを押します。 設定では、ユーザーは自分の好みに合わせて次/前のトラックボタンを変更できます。

Paw 6000の側面図

充電とデータ転送のUSB Type-Cポートは、マイクロSDカードスロットとともに、DAPの下部にあります。 Paw 6000の全体的なデザインは丈夫です。 サイズは112 x 65 x 18 mmで、重さは225gです。 間違いなくポケットに優しいデザインです。 ポケットに入れても問題ありません。

USB Type-CポートとMicro SDカードスロット

ユーザーインターフェース

Paw 6000は、Paw Gold Touchに似たLotoo Touchオペレーティングシステム(LTOS)を搭載しています。このOSは、2つのモデル用にLotooによって特別に設計されました。 OSはPaw Gold TouchおよびPaw 6000のハードウェアに対応する独自仕様であるため、ハードウェアとソフトウェアの完全な統合が期待できます。 Paw 6000は3秒で起動できます。 これは私が今まで経験した中で最速です。

ホーム画面には、プレイリスト、アルバムリスト、曲、フォルダ、アーティスト、設定の6つのオプションがあります。それは非常にユーザーフレンドリーで閲覧しやすいです。これらの6つのオプションの下に、最小化された「再生中」画面があります。ユーザーはそこでコントロールしたり、タップして最大化された「再生中」画面に移動したりできます。

ホーム画面の6つのオプション
最大化された再生中画面

メディア管理

Paw 6000でのメディアの操作は簡単です。ユーザーは、設定以外のオプションを入力して。欲しいトラックを簡単に見つけることができます。プレイリストを設定するには、ホーム画面の[プレイリスト]オプションでプレイリストを設定し、トラックに追加します。ユーザーはアーティストまたはアルバムを選択し、選択した範囲に属するすべてのトラックをプレイリストに追加できます。これはフォルダにも適用されます。

Paw 6000には、ある使いやすい検索機能があります。コントロールパネルを画面の下にドラッグすると、検索バーが表示されます。トラック名を入力するだけで、Paw 6000はすぐにトラックを表示できます。私のSDカードには100GBを超えるトラックがあり、この機能により、特定のトラックを検索する時間が本当に短縮されます。 とても助かると思います。

Paw 6000の検索機能

ATE(Acoustic Timbre Embellisher)と PMEQ(Parametric EQ)

最大化された「再生中」画面で、ユーザーはPMEQおよびATE設定に移動するコントロールボタンを見つけることができます。

私はPMEQの大ファンではありません。 ただし、これにより、ユーザーはペアリングの最終調整を行うことができるため、ファームウェア開発に適切に含めることができます。

PMEQ設定には、選択可能なプリセットプロファイルのリストがあります。個人の好みに合わせてカスタマイズしたい場合は、設定でプロファイルを作成することもできます。 PMEQでは、5バンドのイコライザーでプロファイルを作成できます。

PMEQプロファイル

一方、ATEには、ユーザーが選択できるプロファイルのリストもあります。 これらのプロファイルは、Lotooのスタジオ品質フィルターとして簡単に理解できます。 PMEQとATEに加えて、ユーザーはAK4493 DACのデジタルフィルター設定を切り替える従来のオプションを利用できます。 PCMには6つのオプションがあり、DSDには2つのオプションがあります。

ATE プロファイル

Bluetooth(ブルートゥース)

前のセクションで簡単に説明したように、Paw 6000は双方向Bluetoothで実装されています。 「双方向」の定義には、Paw 6000をトランスミッタおよびレシーバとして使用できることです。 トランスミッターモードでは、ワイヤレスヘッドフォンをPaw 6000に接続できます。

Bluetoothを介してPaw 6000にワイヤレスヘッドフォンを接続できます。

レシーバーモードでは、スマートフォンをPaw 6000に接続し、ストリーミングサービスを使用できます。 この場合、Paw 6000はBluetooth DACとして機能します。 これは、Paw 6000には存在しないストリーミング機能を完全に解決します。 通常はメディアストリーミング使用しませんが、それでも良い機能だと思います。

Bluetooth DAC機能により、ユーザーはスマートフォンでストリーミング使用できます。

USB DAC

Paw 6000が提供するもう1つの優れた機能は、USB DAC機能です。 Paw 6000をラップトップまたはPCに接続するだけで、ポップアップ画面が表示されます。 Paw 6000を同時に充電する場合は、USB DAC(PC)を選択します。 それ以外の場合は、USB DAC(電話)を選択できます。

目的の接続を選択すると、画面に32ビット/ 44 kHzと表示されます。 これは、Paw 6000がソースに要求したサンプリングレートです。 USB DACモードでも、PMEQおよびATE機能を使用できます。

PAW 6000は常にホストデバイスから32ビット/ 44 kHzのサンプリングレートを要求します。 再生されたファイルが要求されたサンプリングレートより低い場合、ホストは要求されたサンプリングレートの「アップサンプリング」にゼロを追加するだけです。

USB DAC機能

サウンド分析

Paw 6000を聴く前に、Paw 5000 mk IIを使用した経験とPaw Gold Touchを試聴した経験に基づいて、大まかなサウンド特性を予測できます。前の製品のようにニュートラルになるでしょう。がっかりすることなく。Paw 6000のサウンド特性が確かにニュートラルで、周波数スペクトル全体でバランスが取れています。

次はDAPサウンディングのリファレンスです。全体的なプレゼンテーションは透明でオープンです。 Paw 6000とiBasso DX220をリファレンスDAPとして使用しています。 この記事の後半でこの比較についてコメントします。

LOWS

低音は十分な重量感と完全性を示します。低域の豊かさはバランスが取れており、暖すぎたり薄すぎたりしません。Paw 6000が低音で提示したダイナミックでパンチのある音に満足しています。レイヤード処理もとても良いです。プレゼンテーションで混雑のことはありません。

Paw 6000が提供する低周波数の速度は、ゆっくりとした減衰による濁度と速い減衰による分析の間で非常によくコントロールされています。

Mids

全体のプレゼンテーションと同じように、中域は非常に透明な音がします。 届けられるボーカルはニュートラルでリアルです。 ミッドレンジに余分のカラーレーションはありません。 低音と同様に、豊かな質感のミッドレンジがPaw 6000によって提供されることが期待できます。サウンドステージは非常にオープンです。 ボーカルや他の楽器の配置は精密です。

目を閉じてPaw 6000で聞いていると、ヘッドルームとスペースを感じることができ、非常に楽しいものになっています。

Highs

Paw 6000の高域は自然な音色を表現します。鼓膜に春のそよ風のように吹きます。とても気楽に聞こえます。トレブルは急激すぎたり弱すぎたりしません。 他の音域と同じレベルです。 トレブルは良いエクステンションを持っています。約1か月のレビュー期間内に観察された高音の歪みやロールオフはありません。

ペアリング

私はPaw 6000の機能をテストするためにいくつかのイヤホンペアリングしました。驚くべきことに、それはそれらとうまくペアリングしています。この記事でシェアするためにいくつか最適なレビューを選びました。

Dita XLS Dream

これは夢のような組み合わせです。 Lotooの東南アジアのディストリビューターであるProject Perfection Pte LtdのKennethさんが勧めました。 Dream XLSのダイナミックドライバーは十分にアクティブ化されています。サウンドステージを気に入っています。 Dream XLSのモデル名の「XLS」は「Extra Large Soundstage」(超大型サウンドステージ)の略です。Paw 6000はこの特性をさらに強化します。

シンガポールにおけるソフトロックダウン(Circuit Breaker)実施する前のDream XLSの外写真です。

Avara Custom AV3

これは私の最初に取得したカスタムIEMです。 Paw 6000と同じように、非常にバランスのとれたサウンド特性を備えています。プレゼンテーション全体がリファレンスのように聞こえるので、私はこの組み合わせが好きです。透明性は私に深い印象を残しました。ミッドレンジはナチュラルで豊かな質感に聞こえます。この組み合わせを聞くのはとても気楽です。圧倒的な量感の低音と疲労を引き起こす高音はありません。

Avara Custom AV3

Sennheiser IE400 Pro

AV3と同様に、これは別の参照グレードIEMです。私はまずOpus#3でIE400 Proを聴きました。プレゼンテーションの忠実度は平均を上回っています。 Paw 6000とペアリングすると、すぐに驚きました。サウンドステージが開放されています。私のOpus#3が最初に提示したものと比較して、ベースはより厚いテクスチャーを持っています。


Paw 6000とDream XLSのペアリングと同じ感覚が得られます。–広いサウンドステージを備えた高い忠実度。

PAW 6000と Sennheiser IE400 Pro

Origami Audio Silver

シンガポールでPaw 6000でこの素晴らしいIEMを試聴する機会を得てとても嬉しく思います。3月、地元のオーディオ愛好家が試聴できるように、E1 Personal Audio SingaporeのDavidさんは、創設者の大谷さんからOrigami Audio Silverをもらいました。 Paw 6000で2時間ぐらい聴きました。この組み合わせに強い印象を与えました。プレゼンテーションはダイナミックで、低音は強いです。特に女性のボーカルは、甘くて息の音も聞こえます。

大谷さんに感想を伝えました。そして、今この組み合わせ聞いていると言ってもらえて嬉しいです。

Paw 6000 とOrigami Audio Silver

比較について

Sony NW-WM1A

IBasso Audio DX220やLotoo Paw 6000などのブランドに接触する前は、WM1Aが私のお気に入りのリファレンスグレードのデジタルオーディオプレーヤー(DAP)でした。WM1Aは、サウンドパフォーマンスに良い中立性を備えており、どんなジャンルでも完全に適応できます。

私は実際にPaw 6000のニュートラリティーを好みます。Lotooと比較すると、WM1Aはテクニックで冷たく聞こえます。このアナログサウンドのPaw 6000に心を奪われたと思います。

Paw 6000のバッテリー寿命は、WM1Aの33時間の約半分です。定格は16時間で、私を含め、ほとんどの人にとってこれで十分だと思います。 2〜3日ごとにデバイスを充電できます。

出力に関しては、Paw 6000の方が出力がベターです。 300 mW @ 32オームの定格電力で、ほとんどのIEMを非常にうまく駆動できます。 高消費電力の野獣ーTin Audio P1を再検討しました。 Paw 6000の強力な出力機能がその可能性を十分に発揮していることを非常に嬉しく思います。

Paw 6000の背景は暗く、ノイズフロアは低くなっています。 Paw 6000は、高消費電力のものを駆動するだけでなく、Campfire Audio AndromedaのようなセンシティブのIEMもうまく処理できます。

Paw 6000とNW-WM1Aの比較
Paw 6000とNW-WM1Aの比較
Paw 6000とNW-WM1Aの比較

iBasso DX220

別のお気に入りのレファレンスDAPがここで比較されます。 私がDX220よりもPaw 6000を好むようになった最初のことは、間違いなくバッテリー寿命です。 6時間という短い再生時間は常に私にとって大きな問題です。DX220は勤務時間中にオフィスで充電する必要があります。 Paw 6000は私の問題を完全に解決しました。

DX220はAndroidでTidalやSpotifyなどのストリーミングサービスを利用できますが、Paw 6000では使用できません。 しかし、これは私にとって問題ではありません。自分の音楽ライブラリを常に利用しているからです。 ストリーミングを利用して方は、、Paw 6000を使用してBluetooth経由でスマートフォンに接続できます。 ここでは大したことではありません。

音質に関しては、どちらもレファレンスグレードです。 ただし、それらの間にはまだわずかな違いがあります。 DX220は、Paw 6000の穏やかさと安定性と比較したら、よりフォワードでアグレッシブです。 DX220の低音はよりパンチが効いていますが、減衰速度はより早くです。 Paw 6000の豊かな質感の低音は、よりナチュラルに聞こえます。

Paw 6000とiBasso DX220の比較
Paw 6000とiBasso DX220の比較
Paw 6000とiBasso DX220の比較

FiiO M15

M15はFiiOの最新のフラッグシップです。 FiiOはM11、M11 Pro、M15を12か月以内にリリースしました。 ハードウェアに関しては、M15はAKMのデュアルフラグシップDACチップAKM4499を使用しています。 これはユーザーにとって非常に魅力的です。同じチップを使用する他のDAPはAstell&Kern SP2000で、価格は$ 3,499ですが、M15の価格は$ 1,299です。

しかし、テストしてPaw 6000と比較したところ、インテグレーションの重要性に気付きました。 ソーシャルメディアページにPaw 6000の情報を最初に投稿したときのことを今でも覚えています。ネチズンは、AKM4493EQチップを1つ搭載したDAPの売上高が1,000ドルを超えた理由を質問しました。 私のイニシャル考えは、インテグレーションのためにお金を払っています。

これを説明するために、私はAppleを例にあげたいと思います。 AppleのiPhoneは常に高値だと考えられています。 ただし、iPhoneユーザーにとって、支払われる料金について理解できます。 これはブランドではなく、ハードウェアとソフトウェアのインテグレーションです。

サウンドシグネチャーに関しては、FiiO M15が明るい側にあり、Paw 6000がよりリファレンスのあるサウンディングDAPです。 FiiO M15は私のOpus#3を思い出させます。 同じのようなサウンドシグネチャーを持っています。 M15からの詳細なプレゼンテーションは素晴らしかったです。 ただし、長時間聞くと少し「ドライ」またはテクニカルに聞こえます。

M15はAndroid 7.0を搭載しています。 ユーザーは、DX220と同様に、M15のサービスからストリーミングできます。 M15とPaw 6000のバッテリー寿命はほぼ同じです。 ただし、ストリーミングサービスとWiFiをオンにすると、バッテリーの寿命が短くなる可能性があると思います。 M15には、4.4mmペンタコンバランスおよび3.5mmアンバランスのほかに、2.5mm出力が追加されています。

Paw 6000とFiiO M15の比較
Paw 6000とFiiO M15の比較
Paw 6000とFiiO M15の比較

評決

リファレンスグレードのDAP(Paw Gold Touchなど)を探しているが、私と同じように予算が厳しい方はLooto Paw 6000に最適です。 Lotooが提供するこのオプションを見てうれしいです。Lotoo DAPの素晴らしさにより、多くのオーディオ愛好家に新しい選択肢が与えられます。

優れた構造とスムーズなナビゲーションファームウェアを備えています。 そしてポケットに優しいデザイン、オーディオ愛好家がDAPを選ぶとき、いくつかの外部要因があると思います。 さらに、その自然でバランスの取れたサウンドシグネチャーは間違いなくセールスポイントであります。マーケットの他のDAPではなく、PAW 6000に心を奪われてしまいました。

Paw 6000の小売価格は$ 1199です。 Lotooの認定代理店から購入できます。 東南アジアでは、Project Perfection Pte Ltdの公式ウェブサイトをご覧ください。

Paw 6000は、リファレンスサウンドシグネチャー、最高の製造品質、スムーズなユーザーインターフェース、長持ちするバッテリー寿命を備えており、それにふさわしい5つ星評価が与えられます。DAPに対して最初の5つ星レビューです。 Lotoo Paw6000、お見事です!

 

©2018 by The Audiolocheese. Proudly created with Wix.com